研究活動
府省選定事業(研究)について

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

研究テーマ 「革新的エネルギーデバイスの開発-ナノ複合誘電素材の創成と実装」
研究メンバー
  • 生命環境化学科 宮元 展義 准教授(研究代表者)
  • 生命環境化学科 桑原 順子 准教授
  • 知能機械工学科 朱 世杰 教授
  • 電気工学科 大山 和宏 教授
  • 知能機械工学科 木野 仁 教授
  • システムマネジメント学科 藤岡 寛之 教授
  • 知能機械工学科 加藤 友規 准教授
研究期間 平成27年度~平成31年度
研究内容の要約 人間の動きや波の振動によるクリーン発電や、小型情報端末に応用可能なエネルギーデバイス(発電素子及びアクチュエータ)が、環境・情報の分野で求められているが、誘電高分子型エネルギーデバイスは、従来の発電機やモーターに比べて圧倒的な軽量化、静粛化、小型化が可能である反面、多くの課題がある。
本研究では、「無機ナノシート」を複合化した新素材を開発し実装することで課題を克服し、革新的なエネルギーデバイスを実現することを目的とする。
機能素材やエネルギーデバイスなどのものづくりと、デバイスを制御・設計するための情報技術を、学部学科をまたぐ連携で融合する。
併せて、広い視野と応用力をもつ人材育成と、地域企業との連携による社会貢献基盤を形成する。

戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)

研究テーマ 「分散型水管理を通した、風かおり、緑かがやく、あまみず社会の構築」
研究メンバー
  • 社会環境学科 森山聡之 教授、九州大学 他
研究期間 平成27年10月~平成31年3月

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]