新着情報[電子情報工学専攻]安部さんと江口教授の論文が国際会議ICSGC'2015でExcellent Oral Presentationを受賞

トピックス

9月10日(木)から9月12日(土)に北九州で開かれた国際会議CPESE 2015 (2015 International Conference on Power and Energy Systems Engineering)と国際会議ICSGC'2015 (2015 International Conference on Smart Grid and Communications)との同時開催会議において、福岡工業大学大学院 電子情報工学専攻の修士課程1年の安部寛二さんと電子情報工学科の江口教授が共同執筆した論文が、エクセレント・オーラル・プレゼンテーション賞を受賞しました。

左:工学部電子情報工学科 江口 啓教授
右:電子情報工学専攻修士課程1年
  安部 寛二さん(香椎工業高校出身)

安部さんと江口教授の師弟コンビによる受賞は、今年でなんと4回目になります。

国際会議CPESE'2015とICSGC'2015は、South Asia Institute of Science and Engineering (SAISE)主催、九州工業大学共催の国際会議で、世界19ヶ国から参加した研究者によって、論文発表が英語で行われました。

安部寛二さんの発表論文は、電子情報工学科江口教授との共同研究のテーマである「A negative single-input/multi-output LED driver and its analysis method」です。
この研究は、モバイル機器のバックライトLED用の電源回路に関する研究です。LEDバックライトを色ムラが無く、均一に光らせるためには、並列接続された複数個のLEDに流れる電流を均一に揃える必要があります。
安部さんの研究では、負性の単一入力多重出力電源回路と、その制御方法を新たに開発することで、従来方式よりも「高効率」かつ「簡単」に、LEDバックライトを色ムラが無く、均一に光らせることを可能にしたというものです。

安部さんと江口教授の研究によって、私たちが日頃からお世話になっているモバイル機器が更に高性能になるといいですね。

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

資料請求