新着情報福岡工業大学吹奏楽団 第63回全日本吹奏楽コンクール 大学の部銀賞受賞!(11.11 レポート追記)

トピックス

第63回全日本吹奏楽コンクール大学の部が10月24日(土)札幌コンサートホールkitaraで開かれ、本学吹奏楽団は九州支部代表として出場(2年連続15回目)。見事銀賞を受賞いたしました。

FIT隊情宣部 取材レポート

第63回全日本吹奏楽コンクールは、10月24 日(土)に北海道・札幌コンサートホールKitara で行われました。
厳しい予選を勝ち抜き各ブロックの代表として集まった、全12大学が素晴らしい演奏を奏でる中、福岡工業大学吹奏楽団は見事銀賞を受賞しました。
先日行われたこの大会にFIT隊情報宣伝部の学生がお邪魔して、指揮者の柴田裕二先生と主将の山下泰輝さんにお話を伺ってきました!

柴田裕二先生(指揮者)

これまでの過程の中で、学生は全ての力を出し切ったと思うので、今日の演奏に関して何も言うことはありません。
今後はこれを機に反省を行い、次の大会や演奏会に向けて頑張って欲しい。
コンクール会場に着いてからは、大学で行っている練習以上に精神面・技術面において追い込みを行ったので、大変だっただろうと思います。
そんな中、涙を流しながらも付いてきてくれたので、本当に「ありがとう」という気持ちで一杯です。
結果に対しては、誰も満足していないと思うので、金賞を獲るために楽団一丸となって今後も取り組んで参ります。

山下泰輝さん(主将)

全日本吹奏楽コンクールへは、「心で金賞を獲る」ということで活動を行ってきました。
「心で金賞を獲る」というのは、先生方を含む吹奏楽団全員が喜べる金賞を獲ろうというものです。
先生からは「無心」で今までやってきた事を全て出し切ろと言われていたので、自信を持って最後まで演奏できたと思います。
ここに辿り着くまでに、その当時は「辛いな」と感じる事が多々ありました。
ですが、ピンチの数だけ成長できる機会も多いと信じ、皆で団結し乗り越えたことで、吹奏楽団としての質も高まった事が今回の結果に結びついたのではないかと思います。
次は、アンサンブルコンテストが控えています。昨年は九州大会金賞だったので、今回の結果のリベンジの為に全国大会へ進み、金賞を取りたいと思います。

右の表は、第63回全日本吹奏楽コンクール・大学の部の結果です。
九州支部からは、福岡工業大学と福岡教育大学が出場しておりましたが、残念ながら九州支部からは、金賞受賞校は出ませんでした。
第64回全日本吹奏楽コンクールは2016年10月29日(土)に石川県・金沢歌劇座にて開催されます。

今回、福岡工業大学吹奏楽団の全日本吹奏楽コンクールに同行させて頂きましたが、会場内での出場者の機敏な行動には、とても感心させられました。
また、技術面のみならず、礼儀やマナー等の精神面でも指導の行き届いている所に、福岡工業大学吹奏楽団の魅力があるのではないかと感じました。
今後の吹奏楽団の活躍と発展に期待したいです。
(FIT隊 情報宣伝部 情報工学科・中村雅俊)

<写真左から>
久保田 綾さん 社会環境学科3年(会計担当)
山下 泰輝さん 社会環境学科3年(主将)
高島 恵介さん 社会環境学科3年(副主将)
園田 優香さん 社会環境学科3年(総務)

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

資料請求